お問い合わせ

現場透水試験

総論

「技術基準」によれば、浸透水量を 「舗装道において、直径15センチメートルの円形の舗装路面の路面下に15秒間に浸透する水の量で、 舗装の表層の厚さ及び材質が同一である区間ごとに定められるもの」と定義されている。
これにより雨水を路面下に円滑に浸透させることができる舗装の性能指数として浸透水量が示された。 雨水を路面下に円滑に浸透させることができる舗装には、高い透水性能を有する混合物層を表層のみに適用し、 下層に不浸透層を設け、浸透水を路盤以下へ浸透させない排水性舗装と、舗装体全体にバランスのとれた透水性能を求め、 浸透水を路盤以下へ浸透させる透水性舗装がある。
「技術基準」では、浸透水量の測定方法について以下のとおり示されている。

浸透水量は1、000平方メートルにつき1箇所以上の割合で任意に選定した直径15センチメートルの円形の舗装路面に対し、 路面から高さ60センチメートルまで満たした水を400ミリリットル注入させた場合の時間から算定する方法によって確認できるものとする。

ここでは、「技術基準」の規定に従い浸透水量を現場透水量試験器を用いて評価する方法を示す。
上記の測定方法を整理したものを表1に示す。

表1 浸透水量の評価に用いる測定方法

測定方法 直接測定
対象 車道
位置付け 現場試験
測定方法 現場透水量試験による透水量測定
備考 汎用性が高い方法

試験器具

現場CBR試験機は、載荷装置、荷重計、貫入ピストン及び貫入量測定装置から構成される。
また、反力装置が必要である。

当社では、対象の材料に対して2種類の現場CBR試験器により対応している。
・簡易CBR試験器・・・CBR5%程度まで測定可能。反力装置として土嚢袋等で作成した重りを使用する。
・大型CBR試験器・・・簡易CBRよりも大きなCBR値に対応する。反力装置として、ダンプトラック・グレーダー・バックホウ等を使用する。

表1 浸透水量の評価に用いる測定方法

区分 浸透水量
(単位 15秒につきミリリットル)
第1種、第2種、第3種大級及び第2級並びに第4種第1級 1、000
その他 300

参考:舗装性能評価法