お問い合わせ

岩盤トレンチャー溝掘削工法

概要

トレンチャ-機を利用して岩盤を連続的に、溝を掘削する工法である。
チェーンカッターを回転させるカッターブームを車体後部に取り付け、カッターの回転で岩盤を掘削する。車両の移動は、クローラで行い、ブームの負荷に応じて移動速度を変化させ連続掘削する。

特徴

  • 掘削断面は、整った形状のため予堀りがなく、配管工事なども容易になり、埋戻し材も少なくなる
  • 硬岩から土砂まで適用範囲が広い
  • 作業能力は、ブレーカ工法と比較して早いため、工期を大幅に短縮できる

用途

  • トンネル中央排水工の掘削工事
  • ケーブル埋設工事
  • 管理設工事